腰痛が気になるなら、マットレスで対策すべき!はウソ?本当?

高反発マットレス > 腰痛が気になるなら、マットレスで対策すべき!はウソ?本当?

腰痛が気になるなら、マットレスで対策すべき!はウソ?本当?

テレビショッピングで、腰痛対策にピッタリ!とマットレスが勧められているのをよく見る。実際目にしたことがある人も多いだろう。しかし、実際試したわけではない。だから腰痛対策にマットレスを使って、本当に腰痛が改善するのだろうか?と信用しきれず、こんな疑問を持つ人は多いのではないだろうか。
  • 本当にマットレスで腰痛が改善するのか
  • 腰痛が改善するとしたらどんなマットレスがいいのか
  • 腰痛に効果がない場合、なぜマットレスで腰痛改善しないのか
今回は腰痛対策用のマット選びに苦労した俺の経験と見解を交えながら、そんな疑問に答えていく。

腰痛があるならマットレスで対策すべき!は本当

俺自信の体験談として言い切れるのは、マットレスで腰痛は改善するということだ。逆に体に合わない、極悪環境のマットレスを使えば腰痛の無い人でも腰痛になる。

だから、絶対に体に合わないマットレスは使ってはいけない。腰痛になりたくない、もしくは腰痛を悪化させたくないなら、それだけは押さえておくべきポイントだ。

マットレスで対策する為に、まずは自分の腰痛が悪化しているか知るべし!

腰痛に悩まされたくない!腰痛が改善するマットレスを買おう。そう思うのならば、まずは自分の腰痛の原因や現在の状態を観察してほしい。

というのも腰痛対策のマットレスは決して安い買い物ではないからだ。必要ないのに高いマットレスを買うのはもったいない。逆に高いからといって、安いマットレスで妥協した挙句腰痛を悪化させるのは嫌じゃないかなと思う。
ちなみに俺は安いマットレスで妥協した結果、全然腰痛はなおらないわ、マットレスは数ヶ月でダメになるわ、さんざんな目にあった。マットレスは結局買いなおし。
俺の腰痛の場合、最初から腰痛対策用のマットレスを買っておいた方がお財布にも体にもやさしかったわけだ。最初から本当に腰痛用マットレスが自分に必要かどうかわかっていればこんな失敗しなかったのに!くそ!

と、いう訳で俺の経験から腰痛をレベル分けしてみた。このレベルからは絶対腰痛用マットレスを買った方がいい、というのが一目でわかるよう解説している。自分の腰痛にあてはめて、自分の腰痛にマットレスが必要かまず判断してくれ。

レベル1、一定の姿勢を摂っている時だけ少し痛む

悪い姿勢のまま、長時間過ごすことで痛みが出る。慢性化することにより、常に痛むようになる可能性あり。姿勢を正す、ストレッチなど、何かしら改善すべき点がある。

レベル2、寝起きに腰が痛い

マットレスなど寝具が原因で寝ている時の姿勢が悪いことが多い。寝ているので本人はどのような姿勢で寝ているか分からない。

レベル3、腰が重く、どんな体勢でも腰痛が続く

俺と同じくらいの腰痛の人。座りっぱなしの姿勢が多い。もしくは肉体労働で腰に負担がかかっている。仕事など何らかの原因で日常的に腰に負担がかかっており、それが慢性化している。

レベル4、腰から足がしびれたように痛む

骨や神経に異常が出ている可能性がある。病院で異常が発見されれば治療する

その他、動けないほどの激しい腰痛

ぎっくり腰など何かのタイミングでいきなり痛みに襲われるパターン。病院で診察してもらった方が良い。その後癖になる可能性があるので、出来るだけ腰に負担がかからないような対策をした方がいい。

レベル1の人はまだ腰痛がさほど酷くない場合が多いので、腰痛が酷くなる前に改善させるべき。姿勢に気を付けてストレッチをすべし!必ずしもマットレスが必要とは限らないが、悪化させる前に自分に合ったものを使った方がいいのは確か。俺は放置したため悪化の一途をたどった。後悔している!

レベル2と3の人は今すぐ腰痛対策として、マットレスを自分の体に合ったものに変えた方がいい。少なくとも今よりは腰痛がマシになるはず!

レベル4とその他の人はマットレスを変えるのも必要だが、まず病院に行く必要がある。問題ないと診察されたら、マットレス変え腰痛対策すべし。

どんな腰痛であろうと、自分にあったマットレスを使うことは必要だが、レベル3からは、お金を出してでもちょっといいマットレスを買うことをおすすめする。

腰痛を悪化させないマットレスの条件

では腰痛を悪化させないマットレスの条件を教えよう!すごく簡単に言うと次の2つだけだ。

腰痛になりにくいマットレス2つの条件

  • できるだけ正しい姿勢で立っている時の状態で寝られるマットレス
  • 沈みすぎず、適度な寝返りが出来るマットレス
当たり前だが地球には重力がある。だからマットレスに寝転がると当然のように腰や肩など思い場所が沈む。沈んだ場所には負担がかかるので痛みが出る。

同時に柔らかいマットレスに寝ていると沈み込みすぎて、うまく寝返りができないことがある。寝返りできないと、沈み込んだ場所にはずっと負担がかかり続け、腰痛をより悪化させる原因となるのだ。だから、沈み込みすぎないことで寝返りしやすくなり、腰痛の悪化を防げる。

俺も腰痛対策でマットレスを結構試したけど、この2つの条件はやっぱり必須だと実感している。また、この条件を満たすために高反発マットレスを選んだほうがいい、ということも分かった!

高反発マットレスとは何なのかを知りたい人はここをチェック >>
俺が今使っている高反発マットレスを買った経緯や、高反発マットレスの選び方が載っている。

職業別で使いやすい腰痛マットレスを紹介する!!

それでは実際使うとしたらどんなマットレスを使えばいいのか?選びやすいよう、腰痛が多い職業や、腰痛の状態に合わせてみたので参考にしてくれ。

事務職で座りっぱなしで腰痛の人が使うべきマットレス

事務職で座りっぱなしの人は姿勢が悪くなること&動かないことによって腰痛が起きる。そんな人におすすめなのが高反発マットレス、モットンだ!ちなみに俺も使っている。

モットンの良い所は、何と言っても正しい寝姿勢が保てる所と、寝返りがしやすい所!事務職の固まった腰を、適度な寝返りと良質な睡眠が楽にしてくれるぞ!

モットンについて詳しく知りたい人はここ >>

介護職、肉体労働で腰痛の人が使うべきマットレス

肉体労働系は、腰に負担がかかる中腰などの姿勢で重い物を持つことにより腰痛がおきることが多い。そんな人におすすめするマットレスはマニフレックス

ガテン系の人は仕事柄どうしても体格が良くなる傾向にある。
マッチョはかっこいいが、筋肉量が多いため体重も少し重くなるのでより腰の部分が沈み込みやすくなってしまう。そこから腰痛になることが多いので、反発力が高く、腰が沈みにくいマットレスの多いマニフレックスが使いやすい。

しかし介護職の女性など、細めの人にはモットンをすすめる。
マニフレックスでもいいのだが、体重軽い人向けのマットレスはちょっと値段が高くなってしまう傾向にあった。モットンの方が手軽な価格で買えるし返品可能。試すならまずモットンからが良い。

寝起きに腰痛が酷い人が使うべきマットレス!

寝起きだけに腰が痛い人は、今使っているマットレスの腰部分がへたってきている可能性が高い。マットレスを変えたばかりならば、硬すぎるか、柔らかすぎるかどちらかの可能性もある。そんな人には雲のやすらぎが使いやすい!

雲のやすらぎは高反発マットレスの周りを波状の凸凹したαマットレスっていうので囲んだ構造。
高反発マットレスだけよりも、少し柔らかめな印象の寝心地で反発力がある。それに厚み16㎝。だからマットレスが硬すぎる人にも、柔らかすぎる人にも両方に使いやすいのだ。

姿勢が悪い?原因不明の腰痛の人が使ってみるべきマットレス!

思い当たるふしがないのに、腰痛がある人もいると思う。そういう人にはモットンがおすすめだ。



思い当たるふしがないのに腰痛ということは、多分普段の姿勢が悪いなどの理由で、腰に負担がかかっている可能性が高い。そもそも日本人は床に座る文化があり腰に負担のかかる座り方をしている為、西洋人よりも腰痛を感じる人が多いそうだ。

その上せんべい布団を使用している、などあればそれはもう腰痛になってもおかしくない状況。モットンは寝姿勢を正しく保ち、適度な寝返りを補助するので腰痛が改善しやすい。

どれにも当てはまらない人はこれ!総合的に一番腰痛におすすめできるマットレス!

腰痛そんなに気にならないけど、対策として買っておこうかなーとか、読んだけどどれがいいかやっぱ分かんないわ、という人はモットンをとりあえず試してくれ。

まず、モットンは寝る姿勢を正しく保てる。硬さも3種類あり、体重ごとにおすすめのマットレスを紹介してくれてるから選びやすいのだ。

さらに、体に合わなかった場合も公式ページから購入していれば返品交換制度が利用可能。とても良心的だと思う。

モットンの返品交換について詳しく知りたいならここ >>

安心して買いたい!知名度の高い腰痛対策マットレス

名前も知らないメーカーのマットレスが信用できない場合は有名メーカーのマットレスを選ぶのも良いと思う。名前を知っているメーカーの方が安心できる気持ちは分かる!

ちなみに知名度の高いメーカーの中で、腰痛対策のマットレスとして人気なのが西川とニトリらしい。ネット検索したらこの2つがダントツ人気高そうだった。

西川には腰痛に効果があると口コミ人気の高いエアーがある。ニトリは買い求めやすいイメージがあるため、腰痛の人がマットレスを買い替える時に候補に上げやすいのかと思う。

しかし西川とニトリのマットレスは腰痛に効果があるのだろうか?ていうか西川はともかく、ニトリのマットレスってダメだったイメージしかないのに、なんで腰痛用のマットレスで人気なわけ?と気になったので少し調べてみた。

西川のマットレスAiR(エアー)は腰痛に効果あり?




俺的調査の結果、西川のマットレス エアーは腰痛に効果が期待できると思う。なぜならば、体圧分散と寝姿勢を保つことに特化したマットレスだからだ。

一流のスポーツ選手が使う、西川のエアー最大の特徴は点で支えるという、マットレスの構造。寝たとき重い部分だけに集中してしまう体圧を、点で支えることにより分散できるという仕組みだ。

特にAiR SIシリーズは、マットレス表面の凹凸の数が多く、体圧分散、寝姿勢にこだわったシリーズなので使いやすそうだ。少し値段は張るが、マットレスの予算が10万くらいなら考えてみても良いだろう!

やっぱりニトリのマットレスは腰痛対策として買わない方がいい

ニトリについて調べてみた所、実はニトリにも体圧分散し、寝姿勢を保てるという値段高めのマットレスが存在した。しかし調べても調べても評判はよく分からない。口コミもあまり存在しないし、すごく良いっていう人もいない。

しかもニトリなのにマットレスの値段が結構高い。なんならモットンや雲のやすらぎよりも高いものの方が多い。西川のエアー買えるくらいの値段のものもある。え?なんなの?このニトリ強気!笑。

ニトリのマットレスに高い金額払うなら、申し訳ないけど俺は西川エアー買うわ。だからやっぱりニトリのマットレスはおすすめしない。

ちなみに安いニトリの低反発マットレスとかは論外。腰痛には全く効果がないので注意しよう。ニトリの低反発マットレスについて詳しく知りたいやつはこっちを見てくれ!

知名度が高い腰痛対策マットレスは値段が高いのが難点

有名メーカーだとどうしてもマットレスの価格が高くなる。マットレスにかける予算が多いのならば問題はないだろうが、できるだけ低予算で腰痛に効果のあるマットレスが欲しいならば、知名度以外を重視したほうが良いと俺は思う。

それに有名だから腰痛に絶対効果があるかと言われるとそうではない。体に合わない場合もある。高いマットレスを買った挙句、体に合わなかったらショックではないだろうか?俺だったら間違いなくショックだ。

だから腰痛対策でマットレスを買う時、頑張って一流メーカーのマットレスを買う必要はない気がする。俺は頑張らない、否頑張れない。笑。ここは各々予算と相談してくれ!

腰痛がひどいならマットレス以外にも対応が必要

たかだか腰痛と思うべからず!ぎっくり腰などの耐え難い腰痛、しびれるような腰痛が続く以外にも腰痛で病院に行ったほうがいい場合もあるので、念のため書いておく。
  • どんな体制でも腰に痛みが出る
  • 腰痛が1週間以上続く
  • 痛みが楽にならず、どんどんひどくなる
こんな症状があるなら病院へ行くべし。

病院へ行ったところで原因が判明するのは15%と言われているが、腰痛には痛み以外にも病気が隠れている場合がある。内臓の疾患や、癌が見つかることもあるらしい!こわ!
たかだか腰痛と思わず、1度検査を受けてみるべきだ。ちなみに病状が主に痛みだけの場合は整形外科を受診してくれ!

原因不明の腰痛は、整体&マットレスで対応

病院で原因が判明したら治療になるのだが、原因が分からない場合は鎮痛剤などでの対処になってしまうことも多い。そんな時は、マットレスを腰痛対策用のものに変え、腕の良い整体を探して通うのが俺的おすすめだ。

俺も腕のいい整体のじーちゃんに腰ぼきぼきやってもらって、モットンで寝るようにしてからすごく腰が楽になった。
腕の良い整体は、口コミなどを駆使して頑張って探してくれ!ちなみに俺は行ったことないけど、鍼灸院も腰痛にはかなりいいらしい。もし行って良かったら教えて欲しい!

マットレスを変えても腰痛が改善しない人のためのQ&A

腰痛マットレスで色々調べまわってたら、腰痛+マットレスの悩みが結構多いことに気付いた。基本的な質問も含め、マットレスかえたのになんで体に合わないの?系の質問にも答えてみたので、暇だった見て行ってくれ。

7~8年前に買ったマットレスを使っているが、最近起きる時腰が痛い。
7~8年前に購入したのなら、恐らく寿命。マットレスのへたりが出ている可能性が高い。腰部分や肩部分は特にへこんでしまいやすいので、確認してみよう。へたっている場合はマットレスを買い替えたほうがいい。
マットレスを最近変えたら、背中や腰が痛い。なぜ?
今まで腰痛が無かったのに、マットレスを変えた途端腰痛になったのなら、マットレスが体に合っていない可能性が高い。

年齢が50代くらいまでならば、姿勢が悪く一部分に負担がかかることで腰痛がおきる。だから柔らかすぎるマットレスで寝ている時に腰に負担がかかっていないか確認してみて欲しい。

逆に60代を過ぎているならば硬すぎるマットレスを選んでいないか確認が必要。60代からは筋力が落ち、硬いマットレスだと腰に負担がかかりすぎてしまう恐れがある。

どちらも腰痛が悪化する前に買い替えるのが好ましい。
トゥルースリーパーを買ったが腰痛に効かなかった。
トゥルースリーパーは低反発マットレスなので、腰が沈みすぎることによる腰痛が起きやすい。特に男性で体格が良いならトゥルースリーパーはやめておいた方がいい。

トゥルースリーパーがダメだったのなら、逆にモットンなどの高反発マットレスは体に合う可能性もある。返品も可能なので一度試してみてはどうだろうか。
腰痛に悩みフランスベッドを買ったが、腰痛が改善しない。フランスベッドを捨てるのはもったいないので何か解決方法を教えて欲しい?
マットレスが硬すぎるというのなら、上に敷パットを使用して調節する方法もあるが、柔らかすぎる場合は残念ながら買い替えになってしまう。対処してみても、腰痛が続く、もしくは悪化するようなら、もったいないがマットレスは変えた方がいいだろう。力に慣れず申し訳ない!
モットンで寝ていたら腰痛が悪化した。なぜ?どうしたらいい?
モットンは腰痛対策しやすい高反発マットレスだが、使う人によっては体に合わない場合もある。万が一合わなかった場合は返品を受け付けてもらえる。返品し新しいマットレスを購入するべきだ!返品対応は体に合わなかった場合助かるといういい例だ。
夫が腰痛で西川エアーのハードを買った。しかし妻である自分の体に合わず、起きるたびに体が痛い
女性に西川エアーのハードは硬すぎる恐れあり。男性より女性の方が体格が細いので、女性に合うマットレスと男性に合うマットレスは違うのだ。できるなら自分の体に合う硬さのマットレスを買うことをおすすめする。

腰痛が気になるなら体に合ったマットレスを使うべき!

最初にも言った通り俺の経験的には、腰痛が気になる人は100%マットレスを自分の体に合ったものに変えた方がいい!これは絶対そうだ、と言える。
しかし自分の腰痛が改善するマットレスを探すのは本当に難しい…!価格もそこそこするし、そんなにぽんぽん買い替えられないのでハードルが高い。

それにも関わらず俺は腰痛対策用のマットレス選びで失敗し、5枚くらいマットレス買い替えた。汗。俺みたいにならないよう、できるだけ損をしないマットレス選びをして欲しいと思う。

ただ、腰痛が楽になるマットレスを見つけさえすれば後はほんとに楽!だから頑張って腰痛を改善できるマットレスを見つけてくれ。健闘を祈る!