トゥルースリーパーの口コミとモットンを比較した結果

トゥルースリーパーの口コミとモットンを比較した結果

ニトリの低反発マットレス
楽天で買った安い低反発マットレス
も腰痛に効かなかった、、、

そこでようやく名の知れたトゥルースリーパープレミアムを買ってみることにした。

口コミなどを見てみると、とても良さそう!
これはトゥルースリーパーに期待大だ!!
そんな気持ちで買ったのを思い出す。

このページではトゥルースリーパープレミアムを実際に使って感じたことと、その後にモットンを使って感じたことから、2つのマットレスを比較した内容を解説していく。

またトゥルースリーパーを買う前に調べた口コミの中で、これは本当だった!これはちょっと怪しい。。。

そういった部分も書いていくから、気になっていた人は参考にして欲しい。

ただ、先に結果を言ってしまうと、トゥルースリーパーより俺はモットンの方が良かった。。。

目次
トゥルースリーパープレミアムの詳細
トゥルースリーパーの口コミ 評価
トゥルスリーパープレミアムとモットンの比較
トゥルースリーパープレミアムとモットンの比較まとめ

トゥルースリーパープレミアムの詳細

まずはトゥルースリーパーを買う前に、俺がざっと調べたことをまとめてみた。

ちなみにまとめた情報は、俺が買う予定だったトゥルースリーパープレミアムの情報だけだ。
他のトゥルースリーパーのことが知りたい場合は、公式サイトでチェックすることをおすすめする。

俺が調べた時も一番良く見たのは公式サイトだし、ほとんどの情報は公式サイトにいけばわかりやすく載っている。

価格\24,624(税込) シングルサイズ
耐久性低反発性能は使っているうちに徐々に弱くなるが、寝心地に大きな影響はないとされている。(公式サイト情報)
だが、知恵袋などを見ると半年から一年でへたりが気になるようになったという声も多い。
通気性通気性が良いという声がある一方で、夏場はむれて暑い。寝にくいという口コミもあった。

付属の内カバーはメッシュになっている面があるので、一応夏にも使い易い工夫はされている。
カバー内カバー・外カバーがあり、取り外して洗濯が可能
返金保証60日間返品保証 1年間交換保証

トゥルースリーパーを買う前は、低反発マットレスと言えばトゥルースリーパー!みたいなイメージがあっただけに、買って使うまでの期待感は大きかった。

ただ、買う前から耐久性と通年使用できるかどうか?という点は気になるところだった。

トゥルースリーパープレミアムを調べた俺視点から見た2つの特徴

布団の上に敷くだけ!快眠 低反発マットレス
トゥルースリーパープレミアムは、今使っているマットレスや布団を捨てずに、寝心地をアップさせることができる低反発マットレスという位置づけが強い。

厚さは5cmで、低反発素材「ウルトラヴゥスコエラスティック」を100%使用しているのが特徴。

ウルトラヴゥスコエラスティックは、体圧や体温で形状が変わる素材で、使う人の体に合わせて形状を変えピッタリとフィットするようになっている。

マットレスを手で押した後、手形がマットレスに残るテレビCMを知っている人も多いだろう。
アレが「ウルトラヴゥスコエラスティック」の特徴をわかりやすく表している。


体圧を分散、無理のない睡眠姿勢に
寝ころんだ時に肩や腰に体圧がかかることで、首・背中・腰に歪みが発生し痛むことがある。

しかし、トゥルースリーパープレミアムは肩や腰に負担を与えないように体圧を分散させることができる。

また、体を横にした時も背骨がまがることなく、まっすぐの状態になるように設計されており、無理のない姿勢で眠ることができる。

こういう特徴があるから、トゥルースリーパーは寝心地が良いって口コミが多いのかもなーって思ったりしてた。

トゥルースリーパーの口コミ 評価

ほとんどの人がそうだと思うが、俺もトゥルースリーパーを買う前に実際に使った人の口コミが気になった。

ここでは俺が調べた口コミの中で、特に気になったものをいくつかピックアップしている。

そして実際にトゥルースリーパーを使った後、口コミの内容が本当だったか?
俺視点のトゥルースリーパープレミアムに対する評価を紹介していく。
  • 体が包まれているような寝心地で、ぐっすりと眠れるので目覚めがすっきりします
  • 朝起きると腰が痛くて大変でしたが、トゥルースリーパープレミアムを使用しはじめてからは、朝起きるのが楽になりました。
  • 悪くないと思うのですが、期待していた肩の痛みなどは改善しませんでした。
  • トゥルースリーパーが新しくなってから買い替えたのですが、昔使っていたマットレスの方が良かったように思います。
  • 冬は暖かく寝やすく感じますが、汗っかきなので夏になると暑くて蒸れないか心配です。
大体トゥルースリーパーの口コミで、評価されているのは『寝心地が良いこと』『腰痛などの改善が見られた』という点。

反対に低評価の口コミで多いのは『期待し過ぎて、寝心地が良くない』『腰痛、肩こりが改善していかない』『臭いがキツイ』という点だった。

良い評価で上げられているように、寝心地は確かに良いと思う。ゆっくり沈み込む感触は気持ちがいい。

ただ、悪い評価にもあるように、俺の腰痛も改善はされなかった。というか、むしろちょっと悪化した感じもある。。。

腰痛には痛みのレベルがあるし、良い評価と悪い評価で両方の口コミで出てくるくらいだから、個人差が大きいというのもあるだろう。

ちなみに、悪い評価にあった臭いに関する内容だが、、、確かに臭い(笑)
ただし、それは開封して数日でなくなるので、ここを我慢できない人か、よほど臭いに敏感な人が口コミで書いている感じはあると思う。

それと、トゥルースリーパーの口コミで結構あった寝ていると暑い。という口コミ。
これも確かに暑い(笑)特に夏場はマットレスと密着した部分が汗をかきやすい。とにかく蒸れる。

といった感じで、トゥルースリーパーの口コミはおおよそ当たっているところが多かった印象で、参考になった。

トゥルスリーパープレミアムとモットンの比較

トゥルースリーパーを使ってみた後に、モットンを使ってみて思ったことを客観的に比較しながら紹介していく。

体圧分散
トゥルースリーパープレミアムもモットンも体圧分散は優れていると思う。

どちらも寝た時に体圧分散され、睡眠時に腰や肩にかかる負担が少なくなるのを感じる。

また、横になった時の睡眠姿勢も背骨をまっすぐに保ってくれ、無理なく眠れる。
朝起きた時に腰や肩の痛みを和らげることが出来ると思った。

しかし、トゥルースリーパープレミアムの方は、次第に腰が沈み込み過ぎて、腰に負荷がかかっている感覚がある。そして寝起きの腰にくる鈍痛はなくならなかった。

低反発マットレスと高反発マットレスの違い
トゥルースリーパープレミアムを代表とした低反発マットレスは、体に沿って沈み込み、全身が包みこまれるような寝心地が魅力的だ。

一方モットンのような高反発マットレスは、体全体をマットレスの反発力で支え、反発性を利用して寝返りが簡単にできることが魅力だ。

低反発マットレス・高反発マットレス、どちらもメリットがあり、正しい姿勢で睡眠できるマットレスだと思う。

ただモットンは、これにプラスして高い耐久性と、高反発マットレスの中でもトップクラスの反発力で、睡眠時に繰り返される寝返りを安定的にできることが良い点だ。

※筋肉を休ませる為に重要な寝返りを、睡眠時に自然に行うことが出来るのは、高反発マットレスの中ではモットンより良いものはないと思う。

コストパフォーマンス
単発購入の価格だけなら、モットンよりトゥルースリーパープレミアムの方が安い。

仮にモットンの期間限定割引サービスがあっても、トゥルースリーパープレミアムの方が安い。

しかし、マットレスの耐久性に関しては、モットンが群を抜いている。
正直マットレスって、そんなに頻繁に買い替えるものではないし、仮に買い替えるとしても、捨てるのとかが面倒すぎる。

だから、マットレスを一度買ったらなるべく長く使えるマットレスが欲しいって人は多いと思う。

その視点から考えると、トゥルースリーパーの耐久性(快適な寝心地が味わえる期間)は短かった。。。

モットンはどうかというと、一般的な耐久試験で、敷布団の耐久性が5年と言われる中、約11年使用しても3.9%のへたりしか出ないという結果が出ている。その他の布団と比較すると約3倍の耐久性だ。

そして俺のモットンは今でも現役。

ただ、実際価格の差は大きいから、この点に関してはどちらが良いと感じるかは人それぞれだと思う。

返品保証
トゥルースリーパーとモットン、どちらも使用後の返品が可能で、安心して試すことができる。

トゥルースーパープレミアムは使用後60日間の返品保証。さらに購入しても1年間の交換保証がついている。
※マットレスに問題があった場合

モットンは使用後90日間の返品保証。

返金保証の長さで言えば、モットンの方が長く試すことができる。

まあどちらも気になる場合は、両方一度使ってみるというのもいいと思う。
多少面倒だけど。。。

防虫・衛生面
毎日使う寝具なのでやはり衛生面は気になる所。

トゥルースリーパープレミアムとモットンはいずれも取り外し可能なカバーがついているから、汚れが気になった場合カバーを取り外し洗濯が可能だ。

トゥルースリーパープレミアムは内カバーにメッシュのカバーがあり、通気性を上げられる工夫がされている。

モットンはウレタンフォームだが泡を大きくすることで、通常のウレタンフォームと違い通気性がかなり良くなるよう作られている。

また、モットンに使用しているウレタンフォームは、ダニを寄せ付けない防虫対策もされている。

更に臭いなどが気にならないよう、竹炭を練りこみ消臭力を上げているので、衛生的な面でも安心して使用することが出来る。

トゥルースリーパープレミアムとモットンの比較まとめ

トゥルースリーパープレミアムも実際に買ってみて、モットンとの違いを比較してみたが、結果として長く使いたいならモットンが良いと思う。

手ごろな価格でマットレスを求めるのであれば、トゥルースリーパープレミアムもおすすめなのだが、やはり低反発マットレスはどうしてもすぐにへたってきてしまうのが気になる。

トゥルースリーパープレミアムの場合、1年間の保証がついているので、最悪1年以内に気になることが出てきたら交換してもらえるが、1年を過ぎた後に気になっても交換してもらうことはできない。

※実際1年を過ぎたあたりからかなり沈み込むようになった感覚だった

そう考えると数年で寿命を迎えてしまうマットレスよりも、長く使用でき、腰痛対策にも効果があると感じたモットンの方がコストパフォーマンス的に優れていると感じる。

俺のような腰痛持ちじゃない、寝心地を重視してマットレスを使用したい人であれば、トゥルースリーパープレミアムでも十分だと感じる人も多いと思う。
だが、長期目線でマットレスの価値を比較すると、モットンに軍配が上がることは間違いない。